外貨両替とトラベラーズチェック

外貨両替とトラベラーズチェックもよく比較されます。
2つの性質から考えてみましょう。

トラベラーズチェックは、通常の銀行などでの現金への両替よりも手数料が安く発行することができることが多いです。
多額の現金を持ち歩かなくてもよいですし、万が一の盗難や紛失の際にもご自身のサインが2か所書かれていないと他人が利用することができません。

盗難・紛失の為のヘルプデスクに連絡すれば、再発行も可能なので安全性が非常に高くなっています。
外貨両替よりも手数料が安く安全性も高いのですが、デメリットも少しあります。
まず使える場所が限られているところです。

これに関しては、クレジットカードよりもさらに限られており使い勝手とういう面ではかなり悪くなっています。
旅行や仕事で訪れる国によっては、ほとんど使えないといったこともありえます。
さらに現地での利用の際に数%の手数料が必要な場合もあるので、発行の時も合わせると2度も手数料が発生することになり、外貨両替のほうがお得になることもあります。

これもクレジットカードとの比較と同じように、一概にどちらがお得かはいえません。
最近ではトラベラーズチェックよりもクレジットカードを利用する方が増えてきています。

海外旅行や海外出張などの短期間で海外での利用金額が多くなければ、外貨両替とクレジットの組み合わせで十分対応できると思います。

ただ、トラベラーズチェックの安全性や再発行の手続きの簡単さなどから根強い人気があるのも確かです。
外貨両替で現金を持っていくのか、トラベラーズチェックに換えて持っていくのか、クレジットカードを利用するのかご自身に合ったスタイルを考えてみてください。

海外で現金が全くないというのはさすがに不安になると思うので、個人的には外貨両替とトラベラーズチェックかクレジットカードを組み合わせて利用するほうが安全でお得だと思います。