メジャー通貨とマイナー通貨の最新両替事情をお届け!

メジャー通貨、マイナー通貨とは?
外貨両替を行う際、気をつけなければならない基本事項がレートと手数料です。
この手数料を考慮するとき、国際通貨はメジャーとマイナーの2つに分類されることがあります。

メジャー/マイナーの分類について明確な定義はありませんが、一般的にメジャー通貨とは、取引量・取引参加人数の多い通貨のことをいい、米ドル、ユーロ、日本円、次いで英ポンド、スイスフラン、豪ドル、加ドルなどが数えられます。
反対にマイナー通貨とは取引量・取引参加人数の少ない通貨のことをいい、上記以外の通貨のことを指します。

メジャー通貨のなかでも最も大きいのが、基軸通貨と呼ばれる米ドルです。基軸といわれるだけあって、国際貿易にあっても決済通貨として用いられることが圧倒的に多いのです。
次にメジャーなのが、欧州で数十カ国が導入しているユーロです。
これに次ぐメジャー通貨が日本円ということになります。
メジャー通貨は、貿易の決済として使われる場合が多いので、需要の高い通貨である、という言い方もできます。

需要が高ければ銀行はその通貨を大量に保有します。したがって両替をしたいという要望にも即座に応えることが出来、手数料も安く済みます。
逆に需要の低いマイナー通貨は、保有していてもあまり動かないので資金効率が悪くなってしまいます。だから取引量の少ない通貨は手数料が高くなってしまうのです。

両替するなら国内? 現地?

外貨両替をする際に、国内でするべきか、現地でするべきかという疑問がよく言われます。これはもちろん手数料が関わっており、国内と現地では、どちらのほうが安く両替できるかという問題です。
一般的に、外貨両替は両国間の通貨を比較して、よりマイナーであるほうの通貨の国で両替したほうが有利です。

具体的には、米ドル、ユーロは日本国内で、その他の通貨は現地で両替したほうが有利といえます。
なぜなら、日本円に比べて基軸通貨である米ドルは需要が高いので、円→米ドルの両替は日本国内で行うべきです。

一方、日本円は米ドル、ユーロに次ぐメジャー通貨です。アジア諸国間の貿易では日本円が決済通貨として用いられることがあるくらいです。それほど需要のある通貨なので、わざわざ日本国内で需要の低いマイナー通貨と両替するより、日本円を欲しがっている現地で両替をしたほうが手数料は安くなるということです。