外貨両替の金額制限は?

大きな金額を外貨両替する時、金額制限があるかどうか気になるところですよね?
ご安心ください、外貨両替では金額の制限はありません。
外貨とはいえ、ご自身の資産になりどのような形で保有していても全く問題はありませんので、円を外貨に両替しする場合でも金額の制限はありません。

しかし、両替に制限はないのですがあまりに大きな金額を両替する場合、受け取りまでに時間がかかる可能性が高いです。
なぜなら銀行などの金融機関では、外貨を大量には保有していないところが多いからです。
金融機関が外貨を保有しているということは、それだけ在庫を抱えているのと同じことなので外貨の保有は限られています。

特にマイナーな通貨などであれば、金融機関の保有する金額はさらに少なくなるでしょう。
マイナー通貨はより動きが少なくなるので、金融機関としてもあまり保有しておきたくはないからです。
金融機関がすぐに用意することができる金額を超えていれば、外貨を準備するのにそれだけ時間がかかってしまいます。

資産として外貨預金の銀行口座に保有しておくことは制限なく可能ですが、出金し受け取る時に時間がかかってしまいます。
大きな金額を出金する場合は、前もって金融機関に連絡し予定の金額と日にちを伝えておくとスムーズに受け取ることができるでしょう。

ただあまりにも大きな金額の外貨の場合であって、メジャーな通貨で普通の金額であればまず大丈夫だと思います。

外貨に両替することに制限はないですが、海外へ多額の外貨を持ち出すとなると、金額の制限があり申請などが必要となる場合があります。
持ち出し規制は国によって変わりますので、あらかじめ調べておく必要があります。

外貨両替には制限がありませんが、あまり多く両替して外貨が余ってしまった場合、次回の旅行や仕事の時に使える方はいいですが、使う予定がなくまたその外貨を円に両替すると手数料がかかってきます。
外貨に両替する時と円に両替する時とで2度の手数料を払うことになってしまいますので、非常にもったいないです。
外貨両替は計画的に行うことをおススメします。