インターバンク市場中間業者のコストがかからないレートとは

インターバンク市場では独自のレートで取引が行われます。
外貨両替はこのインターバンク市場のレートに金融機関が手数料を足したレートで行われます。
この基準となるインターバンク市場について考えてみましょう。
よく耳にする外国為替市場というものは、証券取引所のように実際に取引所が存在するわけではありません。

売買する当事者同士の1対1の取引を総称して外国為替市場と呼んでいます。
基本的にはインターバンク市場と対顧客市場という2つの市場から外国為替市場は成り立っています。
(インターバンク市場だけを指して外国為替市場と呼ぶこともあります。)
インターバンク市場は、様々な種類の通貨が数百万・数千万単位で取引され、銀行などの金融機関のみが参加できる市場になっています。
値動きの幅に制限がなく、あまりに急激な為替の変動の場合は、各国の通貨当局が市場介入し為替の変動をコントロールすることもあります。
数あるインターバンク市場の中でも、ニューヨーク市場、ロンドン市場、東京市場は3大市場と呼ばれています。

それに対して対顧客市場は、銀行が商社や生命保険会社・損害保険会社などの企業、事業会社などの顧客を相手に取引する市場になります。
ここで売買される通貨のレートは、インターバンク市場のレートを基準に決められたものになります。
イメージとしては、インターバンク市場のレートが「卸売価格」、対顧客市場のレートが「小売価格」になります。

なので中間業者のコストがかからないレートとは、インターバンク市場のレートになります。
なるべくインターバンク市場のレートに近い金融機関で外貨両替を行うとお得になります。